株式会社嶋田商会は、ヤマハマリン製品の特約販売店です / 三国マリーナは「YAMAHA Marine Club Sea-Style」の加盟マリーナです

免許制度の概要
小型船舶操縦者の操縦免許には、船舶の大きさ、航行区域または推進機関の出力に応じて、「1級小型船舶操縦者」「2級小型船舶操縦者」「2級小型船舶操縦者(湖川小出力限定)」「特殊小型船舶操縦者」に分かれています。

※推進機関を有する場合であっても、船の長さが3m未満、機関の出力が1.5kw未満で、一定の安全設備等が備えられた船舶であれば免許は必要ありません。


出典元:(一財)日本海洋レジャー安全・振興協会
受験できる年齢・身体基準
免許を取得するには、試験が始まる日の前日までに次の年齢である必要があります。
年齢 1 級 17歳9ヶ月以上
2級および特殊 15歳9ヶ月以上


身体検査について

身体検査は視力、色覚、聴力及び疾病並びに身体機能の障害の有無について検査を行います。眼鏡等が必要な方は必ず持参してください。
合格基準
合格基準 (1)視 力 両眼共に0.5以上であること(矯正も可)
(2)色 覚 夜間において船舶の灯火の色を識別できること
(3)聴 力 5メートルの距離で話声語が聞こえること(補聴器の使用可)
(4)疾病及び身体 
 機能の障害の有無
疾病又は身体機能の障害があっても、軽症で業務に支障をきたさないと認められること
※上記基準を満たすことに不安のある場合は、事前にご相談ください。身体適性相談コーナーで所定の検査を行い、検査基準を満たせば、身体検査合格となります。ただし操縦免許に条件が付く場合があります。

身体検査に合格しない場合は、学科試験及び実技試験は受験できません。

国家試験内容
試験は、身体検査・学科試験・実技試験です。

>詳しくは「(一財)日本海洋レジャー安全・振興協会」